【事業概要】

安全帯・腰ベルト・作業バッグ・ハーネス製造

HPはこちら

お声を聞いて安心安全をカタチに。

刀鍛冶の血を継いで生まれ、金物の町、三木で育った基陽。
創業当初は金物問屋として、お客様の声を聞き、
優れた金物を探し納品していました。
その金物を入れる、良い工具入れが無いというお声から、
日本初ナイロン工具袋を開発。
使う方の声を真摯に聞き、改良を続けるうち、
独自の強靭な生地と世界唯一工具袋の縫製特許を取得。

工具、工具袋屋となり、建設マンの声を聞いてきましたが、
その建設現場で墜落滑落の重大事故が多いという声も届き始めました。
20年ほど前は「俺は落ちない」と命綱(安全帯)を着けない
建設職人も多くいました。
安全への一歩として、先ずは着けたい、着けたらカッコいいと
誇りに思ってもらえる命綱を考え続けました。
2014年にグッドデザイン賞ゴールドアワードをいただく安全帯もできました。

建設マンがいなければ、私たちの快適な家も、
毎日通る道も、便利な駅もおしゃれなカフェもありません。
命をかけて、私たちの為に安全を提供してくれる建設マンのお声を聞き、
安全安心を心を込めてお返ししたい。
お声を聞いて安全安心をカタチに。
これが私たち基陽の使命です。