ご挨拶
建設職人甲子園 本部理事長  鈴木誠
初代理事長の小山に変わり、1月より新理事長に就任した鈴木です。
私は栃木県那須塩原市で総合建設業を経営しております。
今後、建設業は厳しい現実と向き合い経営し、社員さんとその家族を守るべき立場に追い込まれます。
これは分かっている事です。
そして分かっているのに何もやらなければ会社は非常に厳しい状態になり、
多くの会社が倒産まで追い込まれていますでしょう。
makoto
 
そんな中で、この建設職人甲子園は自らが原動力として、そんな厳しい世の中、
厳しい時代に直面した時に自らが切り開いていける。
そんな力をつける事が出来る団体だと信じています。
自らが行動し続け、会社を繁栄させ、そして未来永劫、会社を存続させる。
ここには多くの建設に携わる仲間が集まっています。
元請任せ、人任せ、時代任せは辞め、
自らが力を付け、学び、そして一つの事を一緒に構築する仲間をつくり、
この建設職人甲子園を創造しましょう。
 
 
 
  • 今後5年ぐらいで、全国47都道府県開催を目標としています。
    沢山の皆様に支えられた私たち建設職人甲子園は、在り方、志を大切に、更なる価値を創造、追求し、微力かもしれないけどみんなで力を合わせ、子供たちから「大きくなったら職人さんになりたい!」って言われるような、かっこいい職人業界を築き上げていくためにこれからも突き進んでいきます。